街乗り最強!?2018年発売の電動アシストクロスバイク10モデル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電動ぱぱ
2018年は続々と電動アシスト自転車がでるね。
電動まま
今のうちにまとめておいてね。家計と相談したいわね!
電動ぱぱ
色々迷っちゃうなあ!どれにしようかな?
電動まま
まだ、買っていいとは言ってないわよ!
電動ぱぱ
あっ、はい、、、

出展:BESV公式

電動アシストスポーツタイプ カテゴリー定義

2018年に続々と発売される

電動アシスト自転車のスポーツタイプですが、

  • 電動アシストマウンテンバイク
  • 電動アシストクロスバイク
  • 電動アシストロード

と大きく三つのカテゴリーに分けられるでしょう。

カテゴリー 定義(※)

電動アシスト

マウンテンバイク

フロントサスペンションとマウンテンバイク用のタイヤを装着

電動アシスト

クロス

バイク

ハンドルがストレートタイプタイヤは舗装路用の物を装着

電動アシスト

ロード

バイク

ドロップハンドルを装着。

 

※厳密な定義はないので、本ブログとしての定義とします。

 

そのうちで、今回は、特に激戦カテゴリーである

2018年発売の電動アシストクロスバイクを集めてみました。

 

”クロス”という意味は、マウンテンバイクのタイヤを舗装路タイプのタイヤに変え、

より街中での用途に適応させたものなので、ややあいまいな意味合いを持ちます。

サスペンション、泥除けなどが装着されていたり、されていなかったりするので、

モデル数もおのずと増えてはきます。

 

用途が広く人気もあるので各メーカーもラインナップとして揃えようとしています。

2018発売 電動アシストクロスバイクモデル一覧 1/3

まず、3大メーカーのヤマハパナソニックブリジストンですが、

ヤマハは、「YPJ-C」をすでに市場へ投入しており、

2018年度にはさらに、

電池容量が多くなった「YPJ-EC」、

泥除け、キャリア、サスペンションも装着されている「YPJ-TC」(トレッキングバイク)を投入予定です。

(詳細はこちら

パナソニックは、”フラットバーロード”を投入予定というアナウンスがされています。

フラットロードバーとは、ロードバイクのハンドルをまっすぐ(フラット)にしたものという意味にとれますので、サスペンションやキャリアは装着されていないことが予想されます。(=>キャリアついていました。すいません予想外しました。)

各メーカーの動向を見てから市場投入といったところでしょうか?

マウンテンバイクのXM1に搭載されているユニットを搭載予定なのは予想されますが、まだ仕様を決めかねている可能性もあります。

=>「XU1」が発売になります。(詳細はこちら

ブリヂストンは表にないように、今のところ2018年で新規投入の電動アシストクロスバイクはありません。(すでに「リアルストリーム」というYAMAHA PAS Brace と同形状の物は発売済み 詳細はこちら

ロードバイクからママチャリまで幅広く手掛けているブリジストンならその気になればすぐに投入は可能と思われますが、市場の動きを様子見でしょうか。

次のページ シマノユニット勢です!