最新ラインナップ現状把握!電動アシスト自転車スポーツタイプe-BikeEXPOサイクルモードインターナショナル2017の前に!

スポンサーリンク
電動まま
ぱぱ~ いとこのアッシー君来たわよ!
アッシー
お久しぶりです!
電動ぱぱ
いらっしゃい!久しぶり!
アッシー
そろそろ、サイクルモードフェスの季節ですね!
電動ぱぱ
そうだね~。みどころはかなりありそうだね!

「サイクルモード インターナショナル2017」

が2017年11月3日(金)~5日(日) 幕張メッセで開催されます。

CYCLE MODE international2017

「サイクルモード インターナショナル2017」は、

”日本最大級のスポーツ自転車の祭典”ということで、

世界各国のブランドのロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、マウンテンバイクの完成車展示、試乗、自転車関連グッズ、トークショーなど、興味がある方は是非足を運んで頂きたいイベントになります。

電動アシスト自転車では、ママチャリや子供乗せ自転車はないですが、

”最先端のスポーツe-BIKEを展示&試乗が可能”になっています。

「e-BIKE EXPO」と称して、

イベントスペースの一角を占めることになります。

このスペースでは、

マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイク、その他

の電動アシスト自転車スポーツタイプの各カテゴリーが展示されることになります。

アッシー
非常に楽しみですね!!

問題解決手法ではないですが、

”このカテゴリーがわからない!”という問題として、

現状把握としての情報を下記にまとめてみました。

現状把握1. 電動アシストマウンテンバイク!

※YPJ-XCのユニットは、PW-SEでなくPW-Xになります。(詳細は、こちら

Panasonicの国産初の本格的電動アシストマウンテンバイクが成功を収めている中、各社動きがあるようです。BESVでは、なんとフレームをカーボン化して発売日と価格設定(共に仮)を出してきています。

BESV TRS1

出展:BESV公式

YAMAHA YPJ-XC

出展:YAMAHA公式

現状把握2. 電動クロスバイク!

(↑PCの場合、クリックすると少し大きくなります。)

やはり、クロスバイクは激戦区です。(フェスティバルに関係なくアナウンスされている情報も記載しています。)

電動アシストのユニット(モーター、バッテリー、ディスプレイ(メーター、スイッチ)など)が、日本の法律に合わせた仕様で各社出してくる(こちらも参照下さい。)のでそれにあわせて、このカテゴリーは来年にはかなりラインナップが多くなる予定です!

MIYATA CRUISE

出展:MIYATA公式

TREK VERVE+

出展:Newsweek

BESV JF1

出展:BESV公式

現状把握3. 電動ロードバイク!

軽さが特に見られるロードバイクは、現時点の情報だとBESVのJR1の出展がアナウンスされています。本体重量はYPJ-Rより重くて、価格も高いと思われるかもしれませんが、上記表のように並べてみると、バッテリーの容量が大きく、ディスクブレーキも装着しており、かつデザインもバッテリーが目立たないデザインとなっており、独自性を出しています。

出展:BESV公式

まとめ

現状把握と分析ができたところで、何が(情報として)足らないかを、フェスティバルで調査して、わからない部分がわかるようにしていきます!

フェスティバルに行けない方にはポイントをお伝えできるようにできればと思います!

同様な情報はこちらもどうぞ!↓
↓同様な情報はこちらもどうぞ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 電動アシスト自転車へ   
にほんブログ村 人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加