何が変わったの? 2017年新型モデル パナソニック「ハリヤ」 電動アシスト自転車

スポンサーリンク

前年比7割増の販売となった2017年新型モデル パナソニック「ハリヤ」ですが、購入検討されている方もおられると思うので、詳細をみていきたいと思います。

Pansonic(パナソニック)「Hurryer(ハリヤ)」

まず、2016年モデルからの違いを表にしてみました。

ハリヤ 2016年と2017年モデルの主な違い

下記添付のようにシンプルなメーター「エコナビ液晶スイッチ4S+」が装着されていて、2016年モデルでは表示できなかった、走行速度が出るようになりました。

「エコナビ液晶スイッチ4S+」

外見で一番大きな変更は、フロントブラケットの形状が変わったことでしょうか。すっきりとしたデザインになっています。

ベルは、ブレキーレバーに一体型になり、デザインをすっきりとさせ、ベルを鳴らす操作性がアップしています。

その他、リプレーサブルエンドがフレームと別になり、転倒時にフレームに影響が出ないようにしたなど一部が変更になっています。

これらによって、体感で感じれるほどではないと思いますが、重量は400g程アップしているのは少し残念なところ。

次に、適正身長がハリヤの方が大きめの人用ですが、同価格帯のYAMAHA PAS VIENTA5 と比べてみましょう。

ハリヤとPAS VIENTA5 同価格帯比較

タイヤの太さを見ると、ハリヤは1.9HE=1.9×25.4=48.26mmになり、VIENTA5 が1.50HE=38.1mm であることを比べるとかなり太いといえるでしょう。

これに、フロントフォークのサスペンション(硬さ調整可能)があるので乗り心地はかなり良いでしょう。

ただ、長距離走れるようになったならば、もう少し細いタイヤに交換すると軽快感も出てくると思われます。(上級モデルの「ジェッター」、YAMAHAの「PAS Brace」 も、約38mmの太さです。)

同価格帯の電動アシスト自転車 YAMAHA「PAS VINETA5」

女性に特におすすめ! ヤマハ 「PAS VIENTA5」2017年モデル(2016年モデルとの違いも。)
電動アシスト自転車で、ダイエットのために少し長距離を走ってみようかと考えている方におすすめなのが、 YAMAHA 「PAS V...

また、よりダイレクト感や、速度を求めるならば、上級モデルの「ジェッター」も検討すると良いでしょう。

ハリヤとジェッター パナソニック 電動アシストスポーティーモデル比較

上級モデルのPansonic(パナソニック)「Jetter(ジェッター)」

購入前に注意!2017年新型モデル パナソニック 「ジェッター」 電動アシスト自転車 
2016年モデルとしては販売されず、実質暫く手に入れることができなかったパナソニックの電動アシスト自転車「ジェッター」が2017年モデル...

まとめとして、「ハリヤ」は、街中で走ることが多そうな方、道の段差を乗り上げる事が多い環境の方、体重が重めな方には、特におすすめになります。太いタイヤとサスペンションが、乗り心地を確保してくれるでしょう。

もちろんポタリング的に長距離を走ったり、ダイエットの為の有酸素運動にも充分活用していけるでしょう。

「ハリヤ」フラッシュアクア

「ハリヤ」クリスタルホワイト

「ハリヤ」マットナイト

ーーーーーー
ねらい

電動アシスト自転車の購入を検討している方へ、検討の為の情報を提示して、よりニーズにあった自転車を手に入れるサポートができること。

同様な情報はこちらもどうぞ!↓
↓同様な情報はこちらもどうぞ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 電動アシスト自転車へ   
にほんブログ村 人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加