ブリヂストンエアフリーコンセプトはいつ発売?2017東京モーターショー情報

スポンサーリンク
アッシー
東京モーターショーで他に情報はないですか?
電動ぱぱ
自転車に関係する情報はまだありますよ!
アッシー
まだあるんですね!
電動ぱぱ
うん!今回はブリヂストン!

ブリヂストンの開発力はF1用タイヤ(現在は撤退中)や、スタッドレスタイヤ他で定評があります。

今回はそんな開発力を活かし、

本家本元のタイヤを根本から発想を変えた

空気を使わないタイヤ

エアフリーコンセプト

の情報になります!

試乗はどんな感じ?

すでに、以前よりこの

「エアフリーコンセプト」

が使われた自転車の試乗も行われていて、乗られた方もいるかもしれません。

今回は、固定された試乗台で確認することができました。

試乗台は、後輪がブラケットで固定され、動く部分のベルトに数ミリの段差を付けたものになっています。(下記写真)

通常は段差を通過するとき、車体とタイヤが同時に乗り上げますが、

今回は車体がブラケットで固定されているので、車体が下に押された状態になり、より段差を感じる設定になっています。

ですので、こぎながらバン、バンと音がして、やはり段差を感じるなあと

思った方もいると思います。

実際はもう少し段差を拾わなくて済むでしょう。

以前試乗した時に、通常の舗装道路のレベルならば違和感無く乗れたので、

今回はあえて

悪条件

でもこのぐらいのレベルで済む

というのを体感させたかったのでしょう。

また、東京モーターショーのブースという、会場のスペースの制約もあったのでしょうね。

メリット、デメリット、不明な部分

メリットは、

・空気を入れなくて済むのでメンテナンスフリー

・パンクしない

・素材が再生利用できる

デメリットは、

・乗り心地

・下記のような不明点が明らかになっていない

不明な点

・重量、耐久性、経年劣化・・・どこまで軽く、細く、大きくでき、どこまで耐久性を保てるのか? 歩道に乗り上げるなど、より大きな段差がある場合はどうなるのか?

・コスト(生産性)・・・形状的には問題なさそうだが、、、?

・横からの風の影響、石などが挟まった場合の挙動

発売日は?

今回、発売日は?という問いをあえて説明をされている方に聞きました。

2019年

という回答でした。

2019年に実用化を目指して、、ということだとは思いますが、

時期を指定できるぐらいになったきたということでしょう。

どんな自転車に使われる?(予想)

試乗車がミニベロタイプなので、比較的タイヤの径が小さい方が採用しやすいでしょうか?

すると、

やはり忙しいママさん向けの、子供乗せ用の電動アシスト自転車あたりでしょうか?

  • デュアルドライブ(前輪モーター、後輪自力の制御)
  • カーボンベルト(チェーンに比べ 外れず、メンテナンスフリー)
  • エアフリーコンセプト(空気補充いらず、メンテナンスフリー)

この3つを合わせれば、ブリヂストングループ一体となった他社にない特徴を出せ、メンテナンスフリーもアピールできるでしょう。

まとめ

2011年にはすでにこのエアフリーコンセプトを発表していることからも、

2019年という具体的な発売時期が発表されているということは、ようやく発売にこぎつける目処が立ってきたということでしょう。

開発開始からだと、すでに10年程度はたっていると思われ、色々と課題があったと思われます。

ようやくこの新技術が日の目を見ることになるでしょうか。

他の会社でも自動車用で同様なものが展示されており、先行しているブリジストンもうかうかしていられません。

発売へ向けて、さらに改良されてメリットが明らかになれば、自動車、自転車で一定の割合を占めてくる可能性もあります。

今後も注目していきたいと思います!

同様な情報はこちらもどうぞ!↓
↓同様な情報はこちらもどうぞ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 電動アシスト自転車へ   
にほんブログ村 人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加