ダイエット 自転車対決! クロス VS 電動アシストクロス

スポンサーリンク

ダイエット(有酸素運動)に向いている自転車として、クロスと 電動アシストクロスはおすすめできる自転車になります。

まずは、他の自転車と比べた場合のメリットを見ていきましょう。

クロス、電動アシストクロスの魅力的なところは、一言でいえば、アスリート的ではないカジュアルなスポーティーさになりますが、もう少し具体的にみてみましょう。

1.ママチャリより性能が高い

一般的に、ママチャリよりクロス、電動ママチャリより電動クロスの方が、高速走行に向いています。自転車の重量や、フレーム剛性が高いことによる力の伝わり方など。また、乗る姿勢も異なってきます。これにより高速にかつ長く走れるため、消費カロリーが稼げ、ダイエットには向いていると言えます。

例:電動ママチャリ 30kg以上が多い。 電動アシストクロス 16kg~24kg

2.パーツが色々とつけやすい

スタンド、泥除け、ライトなど、ロードバイクだと、つけないのが基本だったり、重量を考えなければならないような物が気にせずつけれます。ロードバイクだと高価なパーツをつけて重量を抑え、少しでも走行性能をあげる方が多い中、クロスタイプだと、そこまでシビアに気にしている方は少なく、シビアな目でも見られない為、好きなパーツをつけやすいからです。このカジュアルなスポーツさを魅力にダイエットを楽しみながら行えるでしょう。

3.街乗り&遠方地散策、ショッピングにも向く

クロスの良いところは、街乗り&遠方地ショッピングにも向くところです。ロードバイクですとスタンド装着で重量アップ、ビンディングペダルをやめて通常ペダル、服装をレーシングスーツから一般の服にする、ヘルメットをとられても良い程度のものにする(あるいはリュックに装着して持っていく。)などちょっと遠出して自転車と停めて街を散策したり、ショッピングするなどをするときは、本来の趣向とは異なった我慢をする必要が出てきてしまいます。せっかくダイエットの為に長時間こいで遠方に行ったら、街中を散策、ショッピングできるのは凄く魅力的だと思います。(ダイエット的にも有酸素運動のオンパレード)それがロードバイクだとしにくくなってしまうのです。ママチャリも購入した物をいれる大きなカゴと、安定したスタンドがデフォルトなのでショッピングには向いていますが、遠方地へ行く能力が違うので、遠方地のショッピングはクロス、電動アシストクロスが向いているでしょう。荷物に関しても、カゴに物を入れるとハンドルが左右に振れやすくなり、水分補給などの一時的な手放し運転などもしにくくなり、操作性も悪くなるため、荷物の搭載はリュックが基本となるでしょう。

■クロス VS 電動アシストクロス

クロスのメリットは、価格が比較的抑えられ、重量が軽いものが手に入るということでしょう。電動アシストクロスは、坂、街中信号でのSTOP&GO、カーブでのスローダウン&GOなどがストレスなく行えるところでしょう。また急な坂、STOP&GOなどで、足を太くするような強い力のこぎは無くなるので女性は注目ですね。他に、行きはアシストオフ、疲れた時にはアシストを強めにして帰るなどもできるなど、いざという時の体力の保険的なことにも使えます。漕ぎ出しが軽いので、日々さあ走ろう!という時に心理的な壁も低くてすみます。また、ゆくゆくロードバイクを購入するとなると、クロスよりは用途での使い分けがはっきりできます。より高速に長くサイクリングロードなどを走るにはロードバイク、街乗り、ショッピング、うんざりする坂には電動アシストクロスと使い分ける!2台予定ならば、ぜひともまず電動アシストクロスタイプを手にいれて欲しいと思います!お金はかかりますが理想的になりますね。すぐには無理でも長期的に計画してみて下さい。

同様な情報はこちらもどうぞ!↓
↓同様な情報はこちらもどうぞ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 電動アシスト自転車へ   
にほんブログ村 人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加