初めての補給食 ダイエットの為のサイクリングでも!

スポンサーリンク

電動アシスト自転車でのサイクリングをし始めて、どこまでもこいでいける気がしてしまう方もおられるでしょう。特に数日続けてサイクリングをして慣れてくると実際かなり遠くにいけてしまう気になってしまうものです。確かに遠くにいける体力はついてきているのも事実です。ただ、長く乗り続けるために持って行くべきものがあります。

一つは水分です。これはほとんどの方が気づいてもっていくことでしょう。

もう一つ忘れてはいけないものが、

補給食 です。

なぜ、ダイエットしているのに食べ物を食べなければならないのだろう?と思う方もいると思います。でも、補給食は必ず携帯しておきましょう。

それは、補給食なしで走り続けると急に力が入らなくなってしまう症状が起きます!いわゆるハンガーノックという症状です。調子よく走っていたのが嘘のように走れなくなってしまうんです。

一番起きやすいのは、サイクリングのダイエットをしていて、更に食事制限をしている方が、より体重を落とそうと長い時間少し強めに走るときなどです。もともと日々のダイエットで肝臓にグリコーゲンは少なめなところに、少し強めに走ることで運動の為のグリコーゲンがなくなってしまい、急に力が出なくなってしまうのです。

それでも、力が出なくなってもいいじゃないか!ダイエットなんだから!という人もいるかもしれません。でも、体験した方ならわかると思うのですが、10のスピードで走ってたのが、半分程度ぐらいになり、まともに走れなくなるんです。ですので、このハンガーノックの症状になると、回復するまでダイエットの効率が悪くなってしまうんです。ですので、ダイエットを続けている人は、走る前にある程度食べておくか、補給食を30分に1回 おにぎり1個分(160kcal)ぐらいはとるようにしましょう。運動し続けれるように食べるのです!脂肪を燃やすために食べるんです!言い換えればダイエットをし続けるために食べるのです!!!。 もし、ハンガーノック状態になってしまったら、ふらついたり、集中力を欠いてしまう状態にもなるため、安全面でも問題が出てきます。自転車を停めて補給食をとるようにしましょう。しばらくすると動けるようになってきますので、その後走りだしましょう。電動アシスト自転車でも24km/時付近で走れるようになると、アシストも少しになっていき、消費カロリーも強烈になってきます。補給食を適切にとって動き続けれるエネルギーマネジメントをしっかり行い、ダイエットの効率も上げていきましょう。

同様な情報はこちらもどうぞ!↓
↓同様な情報はこちらもどうぞ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 電動アシスト自転車へ   
にほんブログ村 人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加